FAIL (the browser should render some flash content, not this).


光子エネルギー担持体とは…
 万物の成長は太陽に依存しており、太陽光中の人体に最も有益な波長は5.6μm〜15μmの遠赤外線である。光は物質を振動させ、波動性と粒子性(即ち波粒二面性)を持っている。形式の異なる光子はそのエネルギーも異なり、異なる効果を引き起こす。例えば光学的効果、電気的効果や熱効果等である。これらのことが、光生物学の基礎を構成している。

 光子エネルギーの大きさと光の周波数が波長と直接関係している。華林園グループの研究者がこれらの理論に基づき、特定の波長を放出するのに有効な元素を組み合わせ、担持体を作り出した。


光子エネルギー担持体と核酸(DNA、RNA)との関係

 ご承知の通り、細胞は人体の最も基本の組織であり、各々の細胞は120〜200日で生まれ変わり、その過程における物質代謝(核酸及びタンパク質)を除き、エネルギー代謝が行われる(ATP、水素結合の分離と結合、電子結合等)。我々の人体中では毎秒毎に数億もの生物化学反応が発生しており、エネルギー代謝と切り離すことはできない。(例として:DNAやRNA合成時のアデノシン三リン酸分子中のリン酸結合の分離エネルギーは42〜50KJであり、これはちょうど4〜6μmの遠赤外線の光子エネルギー量に相当する。)


科学者が証明した、核酸(DNAとRNA)は人体の最も基本となる

“生命物質”であり、核酸がなければ生命も有りえない。

 核酸の量が不足すると細胞分裂に影響を与え、細胞に欠陥を引き起こし、タンパク質の合成が緩慢となり、人体に損傷や病変、老衰をもたらす。よって核酸によるタンパク質合成過程におけるエネルギー代謝が必要不可欠である。我々は核酸物質を補充すると同時に、核酸代謝過程における必要なエネルギーの補充も必要である。華林園遠赤外線光子エネルギー担持体は、細胞の新陳代謝に有効なエネルギーを補充することのできる高度科学技術商品である。ATP(アデノシン三リン酸)は、新陳代謝の過程における最も重要なエネルギー伝播物質である。人体が栄養を吸収した後、新陳代謝により産出したエネルギーを人体各所に運び、各種の活動を行う。人体のATPの伝播エネルギーが多ければ多いほど、新陳代謝はより旺盛となり、精力もみなぎり医療上肝臓病、脳病及び身体衰弱や慢性消耗性疾病の治療にエネルギーが使われる。頭脳労働者は1日に10,920KJのエネルギーを消耗し、約180,000 gのATP貯蔵とエネルギーの放出に相当するが、実際は人体には50g前後のATPしかない。これを計算すると、各々のATPは1日に3,000回利用されることとなる。人体のエネルギー貯蔵と放出のスピードは、徐々に衰えている。



info@consonus .jp

about us      |      services      |      products      |      careers      |      solutions      |      contacts    |    Privacy Policy
Copyright © 2006 Consonus Inc, all rights reserved